糖尿病治療

糖尿病治療 東京ではたくさんの治療例がある

 

日本の首都東京には、たくさんの糖尿病の治療例があります。

 

糖尿病は世界的にも問題になっている病気ですが、それを幹細胞という何にでも変化できる力を秘めた細胞を使って治療を行おうという研究が続けられています。

 

幹細胞にはインスリン感受性を高める働きがあります。そのメカニズムは、インスリン感受性を低下させるサイトカインというタンパク質の働きを、幹細胞から作り出した別のサイトカインを使って食い止めるという方法です。
幹細胞を移植して治療を行ったところ、糖尿病患者の約85%でインスリンを使わなくて済むようになったという例もあります。

 

また、糖尿病ではしばしば三代合併症(神経症・網膜症・腎症)が問題視されますが、これに対しても幹細胞移植で治療したおかげで、壊死しかかった足を切断せずに済んだという例もあります。

 

他には、ES細胞を使った治療例もあります。ES細胞自体を変化させることで、身体の外でインスリン分泌細胞を作ることに成功し、治療技術の発展に貢献したという報告もあります。

 

まだ研究段階の治療法でも、東京では様々な治験が行われています。それにより症状の改善が見られたり、合併症に伴う身体の被害を食い止めることができたという報告が何例も寄せられています。

 

 

温泉を利用することで糖尿病に効果

 

糖尿病の治療に温泉を利用する方法は江戸時代の頃から行われていたのですが、血行を良くすることによって合併症などを予防する効果はあるのですが、直接糖尿病を治すような効果はないとされています。

 

しかし血流が良くなると血糖が高くなったことによる血液の停滞状態を改善することができるので、血栓症などになりにくくなることが知られています。

 

また糖尿病に特有の神経痛などの治療にも効果的なので、温泉療法をすることによって、糖尿病による不快な症状を改善することができます。

 

しかしあまり長い時間の入浴は体の水分を奪うことになるので、逆に血液が濃くなりすぎて血栓ができることがあるので注意が必要です。またお湯が熱すぎると心臓に負担があるので、とくに高血圧の症状がある場合には注意が必要です。

 

高血圧は一般的には肥満症の人たちがなりやすいとされていますが、血糖値が高いことで血液の流れが阻害されるので、それによって高血圧になる場合もあります。また血糖値が長いと血小板の働きが弱まるので相対的に傷や炎症の治りが悪くなることもあるので、温泉に入ることで傷口の治りを早まることなども期待することができます。

 

また旅行などに行くと歩数も増えるので様々な健康効果も期待できます。

 

 

大豆ペプチドによる糖尿病予防

 

大豆ペプチドを飲みつつ食事量などを減らして、糖尿病予防を始めています。 実は先日、血糖値が高いと診断されてしまいまして・・・。 って、そんなのは書かなくても大抵の人が予想が付きますか。

 

まぁそんなわけで、糖尿病予防のために血糖値を下げようと必死になっているわけです。 とりわけ自分はよくご飯を食べる人間ですので、まずはここを何とかしようと思いまして。

 

腹八分目で食事を終わらせるように気をつけています。

 

そうしないと、絶対お腹がいっぱいになるまで食べてしまいますからね。 ・・・白米大好きですし。 とりあえずは目先の血糖値を下げられるようにと思っていますが、糖尿病予防のためにもしっかりと続けていければと思います。

 

インスリン生活はさすがにカンベン願いたいですので。

 

インスリンの分泌を活性化するレスベラトロール

 

レスベラトロールは、血管の老化を防ぎ動脈硬化を抑制するポリフェノールの一種で、ブドウの果皮などに含まれる抗酸化物質です。

 

赤ワインをよく飲むフランス人に心血管関連疾患が少ないというフレンチパラドックスから注目されだしました。寿命延長、抗炎症、抗がん、認知症予防など様々な効果に期待されているレスベラトロールが、血糖をさげると研究されています。

 

長寿遺伝子や抗老化遺伝子などと呼ばれる、サーチュイン遺伝子というものがあります。

 

これは摂取カロリー制限や運動をすることで活性化し、長寿に関連する作用、酸化ストレスから守り、糖、脂質代謝の改善やインスリンの分泌を亢進したりします。

 

つまり腹八分を守ることで、サーチュイン遺伝子は活性化されることがわかっています。細胞の老化を抑制、癌の抑制、認知症の予防や糖尿病などに期待の寄せられるサーチュイン遺伝子の研究が今も行われています。

 

赤ワインに含まれるレスベラトロールは、そのサーチュイン遺伝子を活性化する作用を持っています。

 

レスベラトロールを摂取することでサーチュイン遺伝子の働きは活発になり、老化による様々な体の機能の維持、インスリンの分泌を亢進し糖尿病の抑制に期待されています。