糖尿病性腎症が危険な理由

糖尿病性腎症が危険な理由

 

腎臓というのは身体の内部で毒素等を濾過しています。
尿として排泄するろ過機能を持っているため非常に重要なものです。

 

腎臓には糸球体と呼ばれる細小血管塊の集合している組織です。
これらが左右の腎臓内部になんと100万個ずつもあるのです。

 

血液が運んできている体内の毒素をろ過しているのですが、糖尿病性腎症というのは細小血管が狭くなってしまい、老廃物や毒素をろ過することができなくなってしまいます。

 

そして、高血糖や高食塩、ストレスといったものが加わることによって糖尿病性腎症の症状はどんどん進行するようになります。
早期に糖尿病性腎症について知るためには、微量アルブミン検査というものが有効になります。
これは尿から検出をする非常に新しい検査方法になります。

 

糖尿病の人の場合には血糖値コントロールが良好の人であっても予防のためにも微量アルブミン尿の検査についてしっかりと受けるようにしなければなりません。
腎症には5つの段階があって、その段階によって症状や治療のポイントは少しずつ異なります。

 

そのためまずは糖尿病性腎症がどの程度進行しているのか、今現在どの段階になっているのか、ということをまずは把握するということが重要になります。

 

 

糖尿病性腎症って一体なに?

 

 

糖尿病性腎症というのは糖尿病における合併症の中でも発症リスクが高く、それでいて治療難易度が高いといわれています。
それだけ症状の改善が困難な疾病なのです。

 

とはいっても、糖尿病を発症しても厳格な血糖値コントロールを行うことでその発症を抑制することはできます。
日々の血糖値管理はもちろん、降圧目標を立てて、それをクリアする、ということが非常に重要になります。

 

糖尿病性腎症の場合には、血液のろ過機能を担っている糸球体における血圧が非常に高くなります。
そしてその機能が低下することによって症状を発症すると考えられています。

 

つまり、血糖値を急激に上昇させない食習慣、そして血圧管理を徹底することで腎症予防を実現することができます。
腎症が進行することで腎不全を発症してしまうと、人工透析によって透析を行わなければならなくなります。

 

人工透析中においては食事療法が必須になります。
特にタンパク質、カリウムを多く含んでいる食品群というのはどうしても制限されてしまうことになります。

 

糖尿病性腎症に至る過程においてはその大半が神経痛を一度は経験しているといわれています。
血糖値が高くて、手足にしびれが出ているような場合には糖尿病性神経症を疑ってみるのが良いでしょう。

 

糖尿病を患った場合のパン食などについて

 

糖尿病を患った場合の食事においては、その質的な面に注目をしなければなりません。特に注視すべきは血糖値であり、その上がり方が問題となります。

 

血糖値が乱高下し易い・ベースとなる値が高いという状況に置かれる為、一気に血糖値が上がる食べ物は出来れば避けたいものに該当します。

 

そしてパンの主原料である小麦は血糖値を上げる方向に働く穀物(炭水化物)の中でも、上がり方が最も急であるものに該当します。また併せて使用される事の多いマーガリン・バターといった原料も、油脂類の中では糖尿病患者は避けた方が良いとされるものです。

 

これらを総合すると、パンは避けたい方の食材に該当すると言えます。

 

とは言え米に次いで主食として食べられる食材ですし、食べ易さ・口当たりの良さ・既製品の種類の豊富さ等から利用し易い食材でもあり、特に好きな人においては極端な制限を課すのも精神的な面から好ましいと言えません。そこで食べる場合には、種類選びが重要となります。

 

そこで何を選ぶかですが、小豆を共に摂取出来るあんぱんは比較的血糖値上昇が穏やかな傾向にあるので、候補の1つとなります。

 

また歯が丈夫な場合、バケット等の硬質のフランスパンも候補に入れられます。製法上バター・マーガリンを使わないものが多いですし、よく噛む必要があるので少量で満足感を得られる為です。