安くて負担の軽い血糖値測定器

新しい血糖値測定器が欲しい方へ

 

もしあなたがなんとかインスリン注射は避けたいという状況なのだとしたら、恐らく既に薬物療法を行っており、厳しい食事制限と運動療法を実行されていることだと思います。

 

血糖値測定器も既に持っているが、消耗品の負担が大きいのでもっとコストがかからず、長く使用しても負担の少ない血糖値測定器を探していてこのページに行きついたのかもしれません。

 

もしくは、随分前に買ったもので針が太く、検査に慣れてはいるがもっと良いものが欲しいと思ったのかもしれません。

 

そんな方におすすめな血糖値測定器を一つ挙げるとすれば、「エイコン」という製品が良いでしょう。

 

金銭的な負担も体への負担も軽く、今までにない程のコンパクトさが特徴です。

 

すでに血糖値測定器を使用していらっしゃるのであれば本体と消耗品の安さはお分かりになるのではないでしょうか。おそらく半分くらいのお値段のはずです。

 

単純に新しく良い血糖値測定器を購入しようとしているのであれば、エイコンが一番だと思いますよ。

 

血糖値測定器はまだ使っていないと言う方へ

 

まだ血糖値測定器は使ったことなくて、購入しようかどうか迷っているという方はいらっしゃいますか?

 

少々強引な物言いになりますが、迷っているのであれば是非この際に血糖値測定器を手に入れてください。

 

糖尿病だと診断されても、すぐにインスリン注射を打つ治療になるとは限りません。

 

進行具合によっては食事療法と運動療法で様子を見るという方針になったり、薬物治療を行ったりということになるでしょう。

 

このページをご覧になっているあなたがどの段階なのかは分かりませんが、血糖値の管理が思うようにいかないとか、少しずつ悪くなっているようだというのであれば、血糖値測定器は必須と言って良いでしょう。

 

恐らくどこで迷っているのかと言うと、本当に自分で買ってまで血糖値の検査をする必要があるのか?というところだと思います。

 

インスリン注射で血糖値の調節が必要だと判断されると血糖値測定器が貸し出され、治療に使われることになります。消耗品は保険適用され安価で購入することができます。

 

血糖値測定器がなければいつ、どのくらい血糖値が上がっているかも分からず、インスリン注射も打つことができないからです。

 

ではまだ食事療法と運動療法で治療しましょう、という段階の人であれば、インスリン注射を使用しないのですから血糖値測定器は不要なのでしょうか。

 

いいえ、あと一歩でインスリン注射に頼らなければならない状態だからこそ、血糖値測定器が必要なのです。

 

理由はインスリン注射を打つときとまったく同じ、いつ、どのくらい血糖値が上がっているか分からないからです。

 

血糖値測定器がなければ、食事療法をしようが運動療法をしようが治療の効果も分からず、どの食事が負担になっているのかも分からず、やみくもに我慢するだけの生活になってしまいます。そうなってはいませんか?

 

それでは体重計を使わずに減量をするようなもの…、いえ、体型と違い血糖値の変化は見た目からでは判断できませんから、もっと必要なものなのです。

 

早めに血糖値測定器を使うワケ

 

血糖値測定器は、本格的にインスリン注射を用いる糖尿病治療をする際には必須のアイテムとなります。

 

インスリン注射を打つ場合、血糖値測定器は貸出ですし消耗品代には保険が適用されますから実質の負担はすごく軽くなるのですが、その代わり検査して注射を打ってという生活が一生続きます。それに診察代等や交通費はかかりますよね。

 

一方、血糖値管理をするために血糖値測定器を買えば、医療費控除の対象にはなるかもしれませんがすべて自己負担。

 

その代わり、上手に血糖値がコントロールできるようになればいずれ使わなくてもよくなるかもしれませんし、一日の測定回数は本格的なインスリン注射をしている人よりはずっと少なくて済むでしょう。

 

当然、病院に行く回数も減るはず。

 

早くに治療を始めれば始める程効果が表れるのも早いですし、改善までの道のりも平坦なものとなります。効率の良い治療をするためにも血糖値測定器は必須、という訳です。

 

どれくらいの消耗品を使用することになるかは分かりませんが、努力次第で手放すことができるようになるなら、例え多少のお金がかかってもそちらの方が良いと思いませんか?

 

血管の痛みが分からないから血糖値測定器

 

糖尿病の恐ろしいところは、自覚症状がほぼないことです。

 

よく糖尿病は合併症が怖いと言われることはご存じだと思いますが、多くが血管に関する疾患です。

 

毛細血管が塞がり失明に至ったり、末端から血が通わなくなったりして壊疽していく。

 

大きな血管にも障害は出ますから、心血管病や脳の血管障害も起こしやすくなります。

 

これらは死に直結する疾患です。

 

しかし、血管の痛みを私たちは認知することができません。

 

血管の内側がどれだけボロボロになっても、痛みを感じることはないのです。

 

これが、糖尿病に至る前の血糖値が高めの状態が軽視されやすい理由なのではないでしょうか。多くが取り返しのつかない状態になってやっとその怖さを思い知るのです。

 

インスリンは打ちたくないから血糖値をコントロールしたいというお気持ちはよく分かります。

 

しかし問題の本質は、血管に多大な負担をかけ続けている今現在にあります。

 

本格的な糖尿病にならないようにではなく、一刻も早く今体にかけている負担を取り除いてあげるため、血糖値測定器を使用して欲しいと思います。

 

血糖値コントロールティーもある

 

血糖値測定器を使用するだけで、不思議なことに血糖値は下がっていくと言います。

 

とは言えこれは何も不思議なことではなく、血糖値の様子を数値化して目に見えるようにすることで、自然に数値を落とす方法を探し、自然に実践するようになるのです。

 

やみくもに食事療法や運動療法をするより、結果が見えた方がやはり面白いですもんね。

 

さらに簡単に血糖値をコントロールするアイテムとして、飲むだけで血糖値が下がる「血糖値コントロールティー」というものもあります。

 

普段の努力はかなり意識的にしなければならないでしょうが、これは飲むだけだからかなり楽ちんです。

 

血糖値を下げる効果のある生薬と、インスリン感受性を正常にする働きを持つ生薬、加えてリラックス効果のあるハーブを配合しているから、美味しく血糖値コントロールができます。

 

血糖値測定器と併せて使うと、より効率よく血糖値の管理が行えるようになるでしょう。

 

まだ血糖値測定器の使用に抵抗がある方へ

 

ここまで、血糖値測定器を使って血糖値コントロールすることが大事だというお話をしてきました。

 

進行具合の重い、軽いに関わらず、血糖値測定器は血糖値の管理には必要な道具です。

 

使うなら早い方が良いですし、長く使うことが想定されるならできるだけ安く、痛みも少なく使えるものが良いでしょう。

 

血糖値測定器の購入を迷っている方のもう一つの抵抗感としては、血糖値測定器を使うと本格的に病人ぽいと思ってしまうことなのかなと思います。

 

なんだか血糖値測定器なんか持っているといかにも重病のようで、悲愴感のようなものが生まれてしまって落ち込んでしまう。必要性はもちろん分かっているけれど、これを使い出したら何となく負けという気がする、という気持ちはありませんか?

 

はっきりと言わせていただければ、血糖値の管理をしなければならないというのは既に立派な病気です。

 

自覚症状が少なく、痛みも感じない生活習慣病ですから、もしかしたら危機感が乏しい方もいるかもしれません。

 

しかし、まだまだ取り返しのつくタイミングのはずです。

 

多少の抵抗感、もしくは恐怖感もあるかもしれません。

 

それでも血糖値測定器があるとないとでは、血糖値コントロールの要領が全然違うと使えばすぐにお分かりになるはずです。

 

スターターセットだけでも是非試してみてください。